“デザイン”の記事一覧

一蘭

この間、池袋で一蘭/ら-めん店にふらっとにはいってみた、

入口から中がよく見えない
一蘭の名前ではいってみた。

すごく印象的なプラン、、

入口入っても店内が見渡せない

カウンターは一人一人衝立で
区切られてい
小窓みたいな所からら-めんが
でてきる。
刑務所の配膳か?そんなイメージ

おじさんの発想かな〜

一人の世界で集中して、ら-めんを
味わって欲しいとのコンセプトらしい

味はホント美味しい

IMG_3796.JPG

IMG_3793.JPG

IMG_3794.JPG

ご近所オフィス

ご近所のお世話になっている
店舗施工屋さんのオフィスが
完成していた。

カメラ持って来なかったから
iPhoneになってしまった。

建築施工とは違って
全て特注で作っていく施工屋さんだから

クラフトさと今らしさが混じった
感じになればいいなと、、
評判だうかな?
綺麗な雰囲気に出来上がって
良かった。

IMG_3101.JPG

板橋レストランOPEN1ヶ月

板橋で作っていたレストランがOPENして早、1か月が経ちました。
やっとデ-タの整理をしたので写真UPしました。
♩♩♩♩♩♩♩♩♩♩♩♩♩♩♩♩♩♩♩♩♩
最近の店舗デザインコンセプトはやっぱり『ロ-コスト』??
オ-ナ-シェフ1号店なので費用をおさえて
立地が板橋なので入りやすく..それでいて地域にはないおしゃれで
印象的なお店をと考えました。

画像

天井.床.壁…….内装の箱はコンクリ-ト躯体のまま塗装を塗るだけ
照明は配線ダクトでスポット
これ『ロ-コスト店舗デザイン』の基本になってきちゃいました。
施主さんはチェ-ン店※※※グリルで腕を磨いて独立!
わたしのなかの『勝手な※※※グリルのイメ-ジ』レンガと白い壁.大人っぽい雰囲気の
スパイスをかけます。

画像
画像

板橋だから入りやすく
『かわいらしく.おしゃれに』もちろんロ-コストで
壁面いっぱいの絵や黒板チョ-クア-トで飾り付け
施主さんの希望だったチェックのテ-ブルクロス

画像

アクロス福岡

天神に戻り、3番目に廻ったのは
福岡の町のシンボル的存在なんでしょうか?
でかいのですぐわかりました..アクロス福岡。
バブル時期グリーン・アーキテクチュアを設計して話題をまいた
アメリカ出身エミリオ・アンバースが基本設計!
その後日本設計が実施設計したらしい?
なんで基本設計までで建築家が変わっているのか?に興味もわく!

画像

駅側から見ると一見普通.ガラス張りのオフィスビル
階段状になって所を屋上緑化している。
その当時は相当先進的だったのでしょう。
バブル時代に環境共生型?無駄と言わせず、作っちゃったところがスゴい!
今頃時代が追いついた?!!かっこいいな~

画像

裏側はすごい緑一面
『アクロス山』と書いてありました.そのままだけどシャレてる。

画像

アクロス山は頂上まで登れるらしい…『無理』
あまりの暑さと高さで途中であきらめました。
『途中でビル内に出入り出来るといいんだけど~』
その後も改装されてしまったイルパラッツオ
辰野金吾の赤煉瓦文化会館
以前テナントレストランを設計した
ジョン・ジャ-ディ-のキャナルシティ-と再会
お客さんであるすし店の敵陣調査までこなし………..
結婚式そして昔の仲間.先輩方との食事
充実した福岡の旅終了!
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
ブログランキング参加しています。応援してください。⇧クリックしてください!

ネクサスワ-ルド2

ポルザンパルク棟のつぎに
日本人建築家の石山修武棟がありましたが
飛ばします。

画像

マ-ク・マック棟
この方もアメリカの建築家というぐらいしか知りません
以外となんにも知りませんね~
テキサスとかメキシコ的な雰囲気です。
鮮やかな色使いは青空とてもよく似合う

画像

こういう各所の抜けや凸凹がとても心地いい
日本のマンションのようにタイル張りの巨大な塀みたいにならない!

画像

黄色い色も何か自然!!
日本で良く聞く色問題で近隣から訴えられるとか
楳図かずお邸とか
みんな細かい事考え過ぎ
みんなと同じじゃないと叩かれる
この雰囲気が日本を象徴しているんだろうな~

画像

レム・コ-ルハ-ス棟
この方は世界の巨匠オランダ人建築家
奇才的ク-ルな作品を多くつくっています。
この黒いのはディズニ-ランドと同じ石型押しただけ
何を意味しているんだろう?

画像

一階は銀行が入っていて
上部はメゾネット住居になっているらしい
斜でガラス張りの上層階が内部を見てみたい欲求をかりたてる

画像

住宅へはバイク乗り入れ可能な広さのスロ-プで
導かれ.やはりセキュリティ-のスチ-ルフェンス
内部中庭がすべての住戸についている様だ
やはりこのスペ-ス.中庭.セキュリティ-凸凹抜けが
外国に行った様な心地よさを生んでいる様だ

画像

最後にスティ-ブン・ホ-ル棟
建築関係の方でなくとも聞いた事があるかもしれません
アメリカの建築家で.日本の建築..デザイナ-にとても支持されている。
だからだと思うんですが
いろいろな解釈で日本の建築家にまねされているので
あまり新鮮さがない。

画像

西日のあたる向きのウインド-に庇的デザインがされていたり
店舗の屋根に水が溜められているのでしょう
住戸部分に揺らいだ影が反射していた。
さすが福岡の強い日差しを研究している。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
ブログランキング参加しています。応援してください。⇧クリックしてください!

ネクサスワ-ルド1

2番目に廻ったのは
香椎浜という高級住宅地で
世界の建築家にそれぞれ集合住宅設計させた
デザイン建築群..ネクサスワ-ルド。
80年代末期ダブル時代作品
東京の銀座通リ..青山通りって感じでしょうか。

画像

オスカ-・トゥスケ棟
その名の通りオスカ-・トゥスケが設計
スペインの建築家というぐらいしか知りりませんが
いきなり外国の街区に迷い込んだ様な
静かな美しさがあります

画像

オ-トロックか何かになっているんでしょうか?
セキュリティのスチ-ルフェンスも外国らしい。
外国って変な響きだけどほんと日本じゃないみたい!
ネットで検索してみたら、ハデではないけど
この建物が販売時一番人気があったらしい?!

画像

クリスチャン・ポルザンパルク棟
大きな中庭をかいしてエントランスへ
中庭に向かいいくつかの棟がつらなる
すっきりした高級住宅風と奥に奇抜な棟も

画像

中庭には池があったり
各棟の配置も十分な距離が空いている。
日本人が考えると丁寧に
後、何センチつめるともう1住戸入るとか
考えちゃうんだろうな~
この無駄な抜け.スペ-スが外国っぽく良いんだろうな~『無駄』じゃないか?
この黄色いところは1住戸みたい
どんなお金持ちが住んでいるんだろ~
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
ブログランキング参加しています。応援してください。⇧クリックしてください!

アイランドシティ-『ぐりんぐりん』

福岡建築ツア-最初に廻ったのは
仙台メディアテイクなどで有名な伊東豊男さん設計の話題作。
アイランドシティ-『ぐりんぐりん』
博多湾の埋め立てエリアに自然と親しめる公園と研究体験施設として
つくられています。

画像

高層マンションの右側に山の様なうねっている物わかりますか
これが建物ですよ!

画像

内部は温室的な感じで
コンクリ-トのア-チ..ド-ム?構造におおきな穴をいくつも開けた
様な未来的施設。

画像

温室.植物園の中の休憩スペ-ス
ド-ム天井..傘に向かい冷房が吹き出していて
テ-ブルまわりのみ、すずしい
これ優れもの!こんなアイデア分煙店舗でも見た事あるけど
いろいろな発想につながりそう~。

画像

屋上はすべて緑化されていて
尾瀬の散策路のような木製の橋..歩道をわたり歩き散歩出来る。
大きく空いた穴ぼこ天窓と植栽の中を歩くとSF映画のようだった。
気候は灼熱だった。
構造や形態の実験的要素が強かったのかな?
それだけでお金がなくなちゃったんでしょうか??
温室なのに風除室がなく木とビニ-ルで即席されていたのは残念!

画像

温室内はチョウチョを繁殖していて.観察出来る様に
離している。その光景は楽園だった。
これは孵化する様子を展示しているのか?
エイリアンの映画を思い出した。(笑い)
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
ブログランキング参加しています。応援してください。⇧クリックしてください!

柳澤孝彦建築内覧会2

ひかり味噌本社

画像

シンプルで構造美あふれる建物で
事務所を宙に浮かせ,
社屋全体が工場の門のようになっている.
導入部の階段から外観の意匠の階段へ
そして階段状の講堂の屋根へと続いてせり上がって
逆に、硝子の階段室越しに
階段がさがっていくあたりが,古代の神殿を思わせ
野生みあふれるすばらしい建築でした。

画像

窪田空穂記念館

画像

やはり建築は、その場にたって見ないとわからないですね
生家の前庭がつながるように囲んだコノ字型の記念館。
記念館にふさわしい物語性のあるブラン
二階のガラス張りのギャラリーから生家を向かい合せでみれるのも
素晴らしいですが

画像

ちょうど午後に着きましたが西日がキツくて
パネルか立ったり、ガラスに紙がはられてたり
建築家のガラス張りは建築家の理想だけで終わる事も多く
以前妹島さんの設計されたマンションを見に行った時
ガラス張りの外装が各住戸ばらばらに
カーテンが閉められ可哀相な外観になっていました。
松本深志教育会館

画像

内覧会大変勉強になりましたありがとうございました。
日頃の実施ではどうしても、どんどん発想が縮められていくので
大変のびのび、やわらかくなりました。
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

ページ
トップ