“建築”の記事一覧

2×4 吹き抜けロフトアパート

2×4 吹き抜けロフトアパート

今までは構造が複雑なので自由に作れる  軸組構造で作っていましたが

工務店さんの協力でこのシリーズのアパートを始めて2×4て建ててもらっています。

2×4は住宅メ-カ-や建売で建てられている何となくちゃちなイメ-ジがありましたが

現場に行ってみると全く違う!大きな吹き抜けやスパンが飛んでいるので大きな梁が入り、高さ3.8mの高い界壁が遮音も考え互い違いに組まれて

軸組構造に負けないぐらい力強く美しい。

大工さんは相当大変らしい!ありがとうございます。

杉並住宅下地完了

杉並の住宅の下地工事がもう少しで完了します。

キッチンの工事がおこなわれていました。

リビングには小さな吹き抜け高窓があり3階から光が差しこんでいました。

3階ではopenな手摺り越しに光がはいります。

天井の梁は構造集成材をむき出しにします。準耐火建築物なので構造計算で燃えしろ設計をしました。

大工さんもとても綺麗につくってれたので

すごく楽しみです。

かき

葛飾集合住宅掘削開始

葛飾集合住宅掘削工事が始まりました。

朝、やり方の確認をさせてもらい工事開始しました。 土は砂がかなり多い角と粘土っぽい角と別れていました、既に地盤調査で確認していますが隣近所でも全く違う事もあります。  やり方は、写真に黄色の糸が見えますか?敷地外周に木材を水平に組みそこから空中に柱の中心に糸を張り現地に図面角感じです。

すごい原始的ですね。一部一部はレ-ザ-できめていきますが、、そのうち全てレ-ザ-で現地に図面ごと広げられる様にしたいものです。

 

巣鴨住宅併用アパート


外壁のベニアが少しずつ貼られ
建物の様子が見えてきました。
屋根裏は『銀次郎』アルミフィルム貼りのパネルを貼っています
熱射を跳ね返し、屋根板から3cm隙間通気層が作られ.
屋根の熱気を入れないようにしています。
金物補強はすごい本数になります。ロフト層があるので、単純に見えて造りは複雑です。地震や大風の時に大きな建物でも
持ち上げられる力が働きます。 柱が引き抜かれないように
ボルトでつなぎます。

地盤改良開始しました。

4世帯のアパートが着工しました。

本日は建物の配置と地盤面の高さ設定確認と地盤改良工事の様子を見に行ってきまた。

作業を横で見ていられたのは久しぶりでした。60cm丸で深さ2.5mの穴を掘りつつドリルの上に付いているホ-スからコンクリートを流し込み杭状の地固を25本作って行きます。

他の作業もありますが1本10分ぐらいで売っていきます。  だいぶ速くなった気がします。今日、1日で終わっちゃいますね!

地耐力は建築基準だと2t/㎡ですが3t以上を目指して補強していきます。

 

上棟しました!

地元巣鴨で自宅併用アパートが上棟しました。

この建物は自宅とアパートの間に中庭通路があり建物としては1つですが外壁がセパレートしている変わった形になります。

コロナや猛暑の中ですが、工事は着々と進めもらっています。ありがとうございます!

ここが中庭通路になります。

賃貸併用住宅

賃貸併用住宅サイディングが張られました。グレーは曇りの日-晴れた日-夕暮れと    見る時にやってずいぶん見え方が違います

工事の方は工務店さん大工さんが     情勢の混乱で大変な様ですが着実にすすめてくれています。

土曜日の写真なんですけど        私の携帯が非常事態でupが出来なくなっていました。やっと直った。


やっと軸組が立ち上がりました。

賃貸併用住宅のプロジェクト

軸組がやっと立ち上がりました。年末の予定がいろいろありまして、ずっとおまたせしておりました。

青空の中、軸組が出来ていくのはとても清々しいです。やはりは木造は柱梁で組み上げていくこの感じが良いです。

毎度のことですが複雑な建物なので、大工さんお願いします。

ページ
トップ