“建築”の記事一覧

完成見学会

完成見学会がおわりました。
皆様の将来の夢の参考になれば
とてもうれしいです

画像

携帯からアップすると横になっちゃうな!

アパート完成!

設計していたアパートがだいぶ出来てきた。
完成まで雪は降らないで!

画像

ニチハショ-ル-ム打合せ

朝からニチハショ-ル-ムにて打ち合わせでした。
最近は建築外装でサイディングを使う事が多くなりました。
本物の素材を使えないのはちよっとさみしいけど
ショ-ル-ムで改めてみると
数年前のものより、かなりリアルな物も出て来て
います。

画像

講演会はやはり刺激的

画像

建築家平田晃久さんの講演会にいってきた。
1971年生まれ今年プリツカ‐賞を受賞した伊東豊雄先生の事務所に勤務し
独立されている…建築エリ-トです。
ひとの生活が他の人とかかわり合う–絡まり合う
生態系が他の生態系に影響をあたえる—絡まり合う
建築を入れ物をつくるのではなく
様々な事柄.人….が絡まり合う要素..場を作る事
という視点に立って考え直し提案している。そんなお話でした..かな
お考え.作品すばらしく..新たな建築の方向性を常に考えられている。
そんな刺激的な講演を聴いて
いま私がやっている設計
飲食店大衆店舗…一般の方の住宅..投資目的のアパ-ト
(世の中全体の8割型はこのようなプロジェクトだろう)
の視点から考えてみると
建築家の試行さまざまあるが.まとめると新たな建築形態を作り出したい!
複雑怪奇な物を作り作品にしたい! と映ってしまう。
8割型の一般の人は新たな建築形態を提案されても.生活の仕方自体-考え方がかわりました!なんてならないのでは
暮らしにくい.使いにくい.お金がかかり過ぎ
もちろん建築形態を変えてしまう様な作品も作ってみたいしかし、、
無理に既成概念を打ち破らず.生活の仕方.考え方も変えず
少しだけ.現代的な生活-オンリ-ワンのスタイルを取り込む
そんな
大衆による、大衆のための、あらたな建築が出来ないだろうか??????

現場確認

今週は現場確認に追われました。
小金井市へ
配筋検査に行き
葛飾区へ
上棟の確認してきました。
豊島区へは
そろそろ全貌がみえる
クロス貼の現場を見に行きました。

画像

配筋検査

画像

上棟確認

画像

クロス貼
他にもプロジェクトが進行していますが
進行状況の違う現場へ順繰り廻って行くと
良いところ.悪いところ….まったく新しい発想もかけめぐり
楽しい1週間でした。

小屋裏収納

小屋裏収納をいかにうまく使い居住空間を少しでも広く、そして広がりの有る空間に出来るか
日々葛藤しています。
最近では、小屋裏『ロフト』物件への役所..検査機関の風当たりは強くなる一方
屋根の形ですが、『小屋裏収納だから屋根の中に無いとダメ』
屋根の始まりが小屋裏収納の床面より上がっては
小屋裏ではなく、わざとスペ-スを作っているという理論
それなら急でも屋根になっていればいいんですね!

画像

なんて話から
こんなに急な面が出来てしまう
現場で屋根屋さんに
これは屋根じゃないですよ..壁です。お手柔らかに!  なんて言われています。
屁理屈。法の抜け道?  ビミュ-ナラインで戦っています。

画像

RC住宅打込み

RCの住宅上棟式.コンクリ-ト打込みに立ち会いました。
今回は外部タイル貼..内部コンクリ-ト打ち放しです。
内部だけでも
設備配管.コンセント.スイッチまで何度も打ち合わせ確認して
コンクリ-ト打込みです。
コンクリ-ト打っちゃったら、もう
どうにもならなくなってしまうので、格好大変!
内外打ち放しは、まだ設計したことがありませんが
相当,気をつかんだろうな
安藤忠雄先生さすがだな!

画像
画像

屋根の打込みですが
上からコンクリ-ト流し込んだら下から流れ出そうですが
金網を張り
特に蓋もしないで打込んでいました。
職人さんの腕だな

画像

制震木造

ある物件で自治体と
制震装置について見解がわかれ、確認資料提出や研究所の方の説明などで
1か月もかかってしまいました。
施主様には大変ご心配をかけました。
地震などの災害について非常に関心の高まっている近頃
国の認定制度や検査方法などの遅れについても色々解ってきました。

画像

今回の物件で使用するのはこんな形の制震装置です。
簡単にいうとダンパ-の様な装置で地震が来ると
建物自体の揺れをバネの様に減らし
メ-カ-の研究では50%揺れを減少させるとの事!
建築基準法では
壁量(筋交いなど)で建物を固め強くしますが
制震などについての評価規定はまだありません!
取付け業者さんからは規定がないので
『建築基準法を満たした建物を造り、その上に法上は評価されない制震装置を
自主的に安心のため付ける』という事で
多くに自治体で実績があり、商品としては何百棟も建てている。
住宅メ-カ-の制震住宅でも多く採用されている。
との事で、資料など確認の上採用しました。
しかし、その自治体が指摘してきたのは
国で評価の方法が定められていないのなら、有利に判断するどころか
逆に『制震装置がついたことにより建築構造になんらかの危害が及ぶ事はない
という根拠を出しなさい』ということでした。
こんな事では,制震装置も復旧しにくいですし
建築の耐震化も進まないのではないか??
メ-カ-.開発研究所の方に国土交通省までいってもらい
研究資料提出.他の自治体での対応状況報告
認定方法について話してもらい。
国の助言を持って,その自治体とは話が折り合いました。
解ってきた事は日本の耐震.制震の評価法認定の遅れでした。
地震は、急にグラッときますよね!
しかし、現状の認定試験はぎゅ~とゆっくり力をかけて
壊れ方を評価認定しています。
動的試験と静的試験の違いがあるそうです。
昔は一気に力をかけて破壊試験を行える様な装置も設備もなかったので
その頃からの試験方法がつずいているらしい。
制震装置はバネの様な物なので一気に押されれば,対抗するが
ゆっくり押せばある程度までは押されてしまい。
その為,現状では有利に働いているという評価自体が出来ないそうです。
国や自治体も各開発メ-カ-に遅れない様に
研究して頂き、耐震.制震.免震.を含んだ評価システムを整備して頂きたい。
また、補助金なども出して頂ければ
日本の建築の耐震化が急ピッチに進むのではないでしょうか??

ページ
トップ