“未分類”の記事一覧

お寿司屋さん現場確認

お寿司屋さんの現場確認に行ってきました。

カウンターがやっと設置されてお店の形ができてきました。

ファサ-ドはガラス面のシ-ト貼りの

見え方を確認していきます。

上野イサムノグチ展

上野公園の美術館へイサムノグチ展にきました。

ダリが入っていませんか?

やっぱりイサムノグチは石が美しいなんか動き出しそうな、、宿ってる感じがします。

杉並集合住宅2基礎配管検査

杉並集合住宅2へ 基礎の配筋検査行ってきました。

私とは別に施工屋さん手配の10年瑕疵担保保険の検査員の方も細かくチェックしてくれていました。

わたしは、配筋のピッチや基礎梁形状など大まかなチェックの他に、意匠図との整合せいや頭の中で考えていた物との確認を行います。  パソコンの中でいくら考えてもわからないこともありますし、現場に来てみると意外なことに気付いたり、新しいイメージが浮かんだりもします。

やはり、発想が主なデザイナーとは違って

現場主義、、、職人なのでしょう。

杉並の集合住宅では屋根断熱

杉並の集合住宅では屋根断熱が終わっていました。 通気遮熱パネル銀次郎の上に発泡ウレタンを吹いています。天井の白いところです。

私の設計では空間を屋根なりに目一杯使う事が多いので屋根断熱はとても重要です。

高密度のグラスウ-ルやスタイロフォ-ム、遮熱マットも多くありますが施工性にむらが出てしまいます。

天井作業で隙間なく均一にはとても大変な作業です。 吹き付け発泡ウレタンは吹き付けてから膨張していくので、自然と隙間やむらのない工事になります。

高性能で現場の大変さが減ればとても良いです。

お寿司屋さんの物件が進んでいます。

お寿司屋さんの工事が進んでいます。

飲食店は小さなさくても防水、吸排気、エアコン、給排水、消防など設備全てあります。

工事が始まれば2ヶ月後にはopen

建築と比べるとかなり駆け足に詰め込む感じですが、スリリングでとても面白いです。

まだまだ、飲食業界には厳しい日がつづきますがオリンピックが終わる頃には先が見えてほしいものです。

 

杉並区で同時進行2つ目のアパ-ト着工

杉並区で同時進行二つ目のアパートが着工しました。

遣り方を出してもらい午前中に配置の確認をして、掘削が開始されました。

図面に合わせて出してもらった配置を一方向に2cmずらしてもらい決定としました。

建築では2.5cmぐらいまでは許容誤差といわれますが私の場合1cm以上は修正してもらっています。

業者さんには申し訳ないのですが、現場が進みはじめると図面通り行かないものがつぎつぎと起こっていきます、 想定できる誤差は最小にしておきたい!

ウッドショックについては一向に先が見えない状態との事ですが、今進めていただいている物件は1ヶ月程度の誤差は出そうですが、進んでいます。 完全に流通が止まってしまうまえに、戻って来て欲しいです。

杉並木造共同住宅の現場確認

杉並木造共同住宅の現場確認に行って来ました。       構造金物や耐力壁の配置や施工の仕方など確認して、職人さんたちと打ち合わせをして来ました。

後日、施工確認の第三者機関がさらにチェックして先に進んでいきます。

意匠設計者の中には図面だけ、デザインだけ 現場確認は施工会社の仕事と考える人もいます、、 私はデザイナーではなく   技術者肌なんでしよう。

自分の目で見た方が確かだし、状況を見ながら職人さんと話していると、図面では見えていなかった多くの事が見えてきます。

日本の職人魂は健在ですよ!

図面に書いてあるけど、こうやった方が強いよ、綺麗に納まるよ、    色々な意見をくれます。

なんと言っても、物がどんどん出来ているのはとても楽しく、スリリングです。

鎌倉の敷地すべて埋蔵文化財

先日、鎌倉駅近くの敷地

住宅建て替えの為見に行きました。役所周りで埋蔵文化財地域とわかり窓口で確認すると鎌倉はすべて?ほとんどのエリアで埋蔵文化財が出るそうです、

試掘して貰うのに2ヶ月待ち、もし鎌倉時代の建屋でも綺麗に出てきてしまったら

9ヶ月から2年だそうです。

なんだか気が遠くなりそうな話し      京都見たいな事らしい

 

ページ
トップ